公益財団法人  数学オリンピック財団




ご寄付のお願い

IMO2023 日本開催に向けて

公益財団法人 数学オリンピック財団
理事長  森田 康夫

 公益財団法人数学オリンピック財団(The Mathematical Olympiad Foundation of Japan:JMO)では、2023年に国際数学オリンピック(The International Mathematical Olympiad:IMO)を再び日本で開催することを目指しております。
 つきましては、下記の通り寄附金を募集致しますので、ご賛同いただけます際は、お手数ですが別添の寄附申込書を、当財団事務局に Fax にてお送り下さいますようお願い致します。 追って「払込取扱票」を送付致しますので、それにてお振込み下さいますようお願い申し上げます。
 なお、当財団では、現在ご寄附が税制上の優遇措置を受けられる税額控除対象法人となるよう内閣府への申請の準備をしておりますが、税額控除対象法人となるためには、過去3年間に亘って下記の要件を満たす必要がありますので、何卒ご寄附にご協力の程お願い申し上げます。
<要件> 3,000円以上の寄附金者が、平均して年に160人以上いること。
1. 寄付の名称 JMO 賛助会員
2. 金        額 一口 3000円
3. 寄 付 期 間 2017年 6月 1日(木)から
4. 寄付の用途 公益財団法人数学オリンピック財団の事業運営費用
                     (IMO2023日本大会開催に向けての準備・運営費用を含む)
5. 寄付申込先 公益財団法人 数学オリンピック財団
                     〒160-0022 新宿区新宿7-26-37-2D
                     TEL:03-5272-9790    FAX:03-5272-9791

  IMO2023 日本大会実行委員会


実行委員会 会則

IMO2023日本大会実行委員会 会則
平成30年9月9日
公益財団法人 数学オリンピック財団
(設置)
第1条


公益財団法人数学オリンピック財団(以下「本財団」)は、定款第4条に基づき、IMO2023日本大会開催にむけて実行委員会(以下「本委員会」を置く。
(目的)
第2条

本委員会は、IMO2023日本大会の開催・運営のための業務を行うことを目的とする。
(任期)
第3条

本委員会の設置期間は、2018年9月1日からIMO2023日本大会に関する業務の終了までとする。
(組織)
第4条


本委員会の設置時の委員は、IMO2023日本大会準備委員会において選出する。その後必要に応じて、本委員会の決議に基づき委員を追加選出する。
2.


本委員会に実行委員長(以下「委員長」)、実行副委員長(以下「副委員長」)を置き、委員長は委員の互選により選出し、副委員長は委員長が委嘱する。
(職務)
第5条
委員長は本委員会を代表し、会務を総括する。
2.

副委員長は委員長を補佐し、委員長に事故がある時、又は欠けた時にはその職務を代行する。
3.

各委員は委員長の諮問に応じ、事業の執行に関して必要な事項の企画立案を行う。
(経費)
第6条

本委員会の経費は、IMO2023日本大会の開催費として、本財団から支出する。
(解散)
第7条
本委員会は、IMO2023日本大会の業務終了をもって解散する。

(付記)
1. この会則は,2018年9月1日から施行する。
2.



本委員会の設置時の委員は、次のとおりとする。
(委員)秋山 仁、淺井康明、伊藤雄二、小島定吉、近藤宏樹、
鈴木晋一、田ア慶子、 福永 薫、藤田岳彦、前田吉昭、宮下三奈、
森田康夫、守屋悦朗、若月 宏


  最新更新日

  • 2018/11/06